FC2ブログ

奨学金で生活保護減額は違法=「収入認定検討せず」賠償命令―福島地裁

ご紹介
01 /17 2018
福島市が奨学金を収入と認定し、生活保護費を減額されたことで精神的苦痛を受けたとして、市内の30代女性と高校生の長女が市に計100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福島地裁であった。

 金沢秀樹裁判長は、処分は違法として、母娘に各5万円を支払うよう命じた。

 判決によると、市は2014年、高校1年だった長女の奨学金計9万円の全額を収入認定し、生活保護費を減額した。母親が審査請求し、厚生労働相が15年に減額処分を取り消した。

 金沢裁判長は「市は奨学金が収入認定除外の対象となるかどうか検討しておらず、裁量権を逸脱し違法」と指摘。「母親は経済的に深刻な不安を抱き、長女は努力して獲得した奨学金を事実上没収された」として、いずれも精神的損害を認めた。 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

airu0413

うのあいるです。
家庭教師&塾を主催してます。
気まぐれAiruのブログへようこそ。
私が感じたままを表現しています。
日常での出来事や時事問題、社会問題、ネットなどをテーマに書いてます。
今の日本を明るく元気にするために挑戦しています。
人との出会いを大切に日々を生きています。